福岡市にある女性専用の整体院 女性疾患・生理痛・スポーツ疾患など

院長あいさつ

院長あいさつ

院長の内場と申します

当院ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。


現在症状がある方、ない方がいらっしゃると思いますが
何か困った症状が出た時に思い出して頂けると幸いです。

院長 内場直子
1975年10月6日生まれ 38歳 O型
生まれも育ちも福岡なので、博多弁が抜けません・・・





女性専用の整体院としたのは 理由があります

  • 施術受けたいけど、男性に体を触られるのはイヤ
  • 男性治療家と密室で一対一になるのが不安
  • 女性特有の症状を異性に相談しにくい

といった理由で、今まで我慢してきた女性が多いという現状です。

「整体は初めてです」

この様な声をたくさん聞きます。
女性専用にして、本当に良かったと思います。
安心して受けてください。

あなたの健康をサポートします

施術はもちろんですが、生活習慣や軽い運動なども指導しています。
気になることは、何でもご相談ください。

体が弱かった頃の話

実は心疾患を持っています

先天性の心疾患を持っているため、幼い頃より寝込むことが多くありました。
夜中に救急病院に担ぎ込まれたことが度々でした。
遠足や山登りでは、家に帰ってきて即寝込むといった具合です。

一年の半分はダウン

調子が悪い時は、カレンダーに×を付けていきました。
一年の終わりには、×で半分以上が埋まっているのを見て
自分で驚きました。

人の役に立ちたい

人に会う度に「今日は調子が良いようだね」、「顔色悪いよ」などといった
言葉を常にかけられていました。
一時期は顔が土色になり、死にそうにしていたそうです。
周囲の方々はいつも私の体調を気にして下さり、無理をさせないようにと気をつけてくれました。
そういった方々へ、自分も何かやってあげたいと考えるようになったのです。

あんしん療法に出会って

毎年の健康診断

心疾患のせいで、いつも心電図の結果はダメでした。
雑音も常にあります。不整脈もあります。

そんな、私にとって当たり前だったことが、急に変わりました。

「手術したの?」

あんしん療法を勉強している中、健康診断を受ける時期になりました。
そうしたら、こう言われたのです。
「手術したのですか?」
ほぼ正常になっており、気にする必要はない程度だそうです。
もちろん、手術はしていませんし、心疾患も治っていません。

健康とは?

一言で言うと、病気に負けないことだと思います。
多少の傷はあっても生きていけますから。
もし、私が心疾患を理由に何もしなかったら、この療法にめぐり逢うことはありませんでした。
実際、医者からは「運動はしないでください」と言われていたのですから。

精いっぱい 生きること

たとえ残された命が数分だったとしても、最後まで精いっぱい生きること、
それが私の目標です。
生きることが辛くてたまらない、と感じた日々もありましたが
途中で投げ出さなくて良かったと、今は感じます。

過日、知人が亡くなりました。
自殺でした。
その方なりに精いっぱいだったのでしょうが、投げ出してしまったのです。

諦めなければ、必ず道は開けます。
今は真っ暗闇でも、必ず夜は明けます。

生きることの素晴らしさを、感じていただきたいと願っています。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional